2013年2月23日 (土)

わんふぇす2013ふゆ。

ご報告が遅くなりましたが、
楽しく無事にワンフェス終わりました!

や、会場でいただいてしまったのか、翌日から見事にインフルを発症しまして。
まる一週間何もできませんでした…orz

さてさて、弥一さんも無事完売し、
オリジナルの動物キットもパンダ数匹を残してみんな里親の元へ。笑

今回もたくさんの方にお声をかけていただき、
色々お話できて楽しかったです!

ちなみにブースはこんな感じでした。
ちょっと片付け始めてから撮影したのでスッキリしてますが。
Dsc_0151
今回もそうでしたが、うちは昔から角地ばっかりです。出入りしやすい。

そうだ、告知してなかった。
ブースの中央に映ってますが、一昨年なんかオシャレな洋書に
日本の原型師として紹介していただいたのでした。
     Manga3_2
Manga1_3Manga2_2

タイトル通り、マンガ系の仕事をしてる人100人が10の質問に答える内容です。
具体的な作業の仕方から自分にとってマンガとは?みたいなことまで。
編集の方に私を紹介してくれた友人で絵師の志水則友君も載ってます。おもろい。

前記事にも書きましたが今回でワンフェスはしばらくお休み。
仕事とか諸々がんばりまっす。

あ、パンダと柴犬の塗り方を近日中にアップしますです。

2013年2月 5日 (火)

ワンダーフェスティバル2013冬

明日はみぞれが降るようです。おおん。
今夜は冷えそうだ。


さてワンフェス情報です。


半兵衛屋 卓番号 8-19-09


出展内容はまたまた前回と同じです。

版権物
さらい屋五葉 『弥一』
(1/10スケール) ¥6,000

オリジナル
『狛柴犬』 ¥700
『招き熊猫』 ¥300


※すべてレジンキャストキットです。

「弥一」は今回でひとまず販売終了です。お買い逃しなく!
あと、今回は三時半ぐらいには撤収しようかと思ってます。

コトブキヤさんのスペースでは
ワンコインミニフィギュアコレクション黒子のバスケ
のデコマスが展示されるはず。
先日esブログでも紹介されました。
http://ameblo.jp/kotobukiya3/entry-11456385169.html
黒バスキャラはカラフルな髪色がトレーディングフィギュア向きですな。
実物は更にかわいいんですよheart04
商業エリアにお越しの際はぜひチェックしてみてください!

ではでは、会場でお会いしましょうpaper

2013年1月16日 (水)

ワンフェス出ます。

寒い!
一昨日東京は大雪だったんですが
どうしても外出しなければならなくて、どえらい目に遭いました…。

さて、本日WF実行委員会よりメールが届き
さらい屋五葉「弥一」の判定結果は「○」とのことでした。

ということで2/10のワンフェスには予定通り参加いたします!
出展内容は前回と同じですが、一応また詳細はお知らせいたします。

それと、今回をもってワンフェスは当分お休みしようと思います。
仕事の造型に専念したいのと、色々とやりたいこともありまして…
夢はいっぱいあるのに人生はあまりにも短いです。笑

あ、夏の記事にパンダと柴犬の塗り方アップするって書いてるのに
ほったらかしになっている;
申し訳ありません!近日中に。

自分の仕事ではないですが最後に少し宣伝です。
師匠・たつまき改め服部達也氏が原型を担当した
劇場版トライガン1/8ヴァッシュが先日発売されました!
これぞヴァッシュフィギュアの決定版。
圧倒的な再現度と迫力を目撃せよ!

5月発売のウルフウッドも予約受付中!

2013年1月 7日 (月)

謹賀新年

大変ご無沙汰いたしました。
無事です。生きております。

あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いいたします☆

諸事情で昨年はあまりたくさんお仕事しなかったので
今年はもうちょい頑張りたいです。


さて、前記事のコメント欄でもお問い合わせいただいたのですが、
来月に開催が迫っているワンフェス、「半兵衛屋」の出展はまだ未定です。。
というのも、再販予定のさらい屋五葉「弥一」がまだ版権許諾待ちでして。
このまま時間切れ不許諾になった場合は他に新作もないので
参加キャンセルしようと考えています。もう、時間と労力が、ね。


という流れでなんですが、製品情報です(^^;

お知らせが遅くなりましたが、先月
ワンコイングランデ 新テニスの王子様 The First Game
が発売されました~!



私は千石君と日吉君の原型を担当いたしました。

そして、第二弾の

ワンコイングランデ 新テニスの王子様 The Second Game
も先日esブログでデコマス画像が公開されました。
http://ameblo.jp/kotobukiya3/entry-11435320489.html
このうち3体担当したんですが、どのコたちかわかりますか?笑


そしてそして、アニメの二期も決まって話題沸騰の
あのジャンプ作品もついにコトブキヤから立体化です!
ワンコインミニフィギュアコレクション 黒子のバスケ
http://ameblo.jp/kotobukiya3/entry-11430927445.html



こちらはすでに予約受付が開始されております。
コトブキヤの新ブランド「ワンコインミニ」です!
原型画像も小っちゃく紹介されていますが
このうちなんと4体を担当いたしました。
どのコたちでしょう?ってこれはさすがに難しいか。笑


な感じで、新年早々商業臭さ丸出しな記事になってしまいましたが…
どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m
ワンフェスに関しては結果が分かり次第お知らせいたします。

全然関係ないんですけど、七草粥ってなんかこう
特に美味しくもなければ不味くもないっていうか
毎年微妙な気持ちにさせられます。
自分が作っているからですか、そうですか。
一度、死ぬほど美味しい七草粥が食べてみたいものです。

2012年8月 5日 (日)

わんふぇす2012なつ。

遅ればせながら、ワンフェス楽しかったです!

半兵衛屋のブースにお立ち寄りくださった方、キットをお買い上げくださった方、
本当にありがとうございました。
おかげさまで弥一さんの売れる速度が去年より少し速かったです。

キットを塗ったことないけど…と言って
柴犬やパンダを買ってくださった方が何人かいらっしゃったので、
近々調色と塗り方のポイントをこちらに書きます。

今回再販のみだったので、前回よりだいぶ心に余裕をもって参加できました。
おかげでいろんな方と落ち着いて話したり、会場をゆっくり巡ったりしました。
ワンフェスはやっぱり楽しい!

さて壽屋さんのスペースに行かれた方はお気づきかもですが
「ワンコイングランデ 新テニスの王子様」第2弾
の制作が決定いたしました!
http://ameblo.jp/kotobukiya3/entry-11315623937.html

ていうかすでに制作中です。
どうぞお楽しみに~

2012年7月24日 (火)

ワンダーフェスティバル2012夏

3か月ぶりのブログ更新。
相変わらずですみません…

29日のワンフェス情報をば。


半兵衛屋 卓番号 4-13-01

出展内容は前回と全く同じです。

版権物
さらい屋五葉 『弥一』
(1/10スケール) ¥6,000

オリジナル
『狛柴犬』 ¥700
『招き熊猫』 ¥300


※すべてレジンキャストキットです。

ガイドブックのディーラーカットにまたグレンラガンの記載がありますが

今回もなしです。スミマセン。
次もやったら詐欺のレベルですね…

コトブキヤさんのスペースにもこれといって私が関わった仕事は出ないと思います。
この冬発売の「ワンコイングランデ 新テニスの王子様」の原型をさせていただきましたが
デコマスは工場に行っている頃なので展示はないかと。
先日esブログで画像が紹介されたのでチェックしてみてくださいませ。

http://ameblo.jp/kotobukiya3/entry-11294959341.html
このうち2体を担当いたしました。
誰と誰かわかりますか?なんつって。


ではでは、ワンフェスにお越しの方はぜひ半兵衛屋のブースにお立ち寄りください!

ギリギリで慌てないために早々に荷造りしてます。笑
Dsc_0076

2012年4月28日 (土)

ついに!

ご無沙汰いたしました。
すっかり春ですね~

さて、このブログでもずっと告知をしていた咎狗の血1/8シキ
正式名称「Shiki -Illustration by Uiro Yamada- 
がついに発売されました!



みなさんゲットされましたでしょうか?
私はまだです(笑

眼のプリントの再現度が高いと評判のようで
デコマスを作ってくださったフィニッシャー様と
製品を量産してくださった中国のスタッフ様たちに感謝です(涙


もう一つお知らせです。

先日ワンフェスに出品した「さらい屋五葉・弥一」が
本日発売の「レプリカントVOL.44」に掲載されております。



ワンフェス大特集号!
ちゃんとスタジオで撮影したんですよcamera
ワンフェス行けなかったよ!っていう方はぜひチェックしてみてください。

そういえば当日はホビージャパンさんや電ホさんにも撮影していただいたんですが
レポートに掲載されたかどうかは未確認です。
ま、誌面の都合で載らないことの方が多いんで…笑


先日一仕事終えて少しほっこり中。(こちらの詳細もまた)
手寂しいときはワンフェス用に製作中のグレンラガン
シモンとカミナちみver.をいじってます。
この夏に出すのはちと厳しいですが…

特にあげる画像もないので
先月出たダメージアキラ(壽屋ショップ限定)のエロエロショットを。

Dsc_0051

たつまき師匠の筋肉造型にハァハァ。

通常版もかっこいいですぞ。

 

2012年2月26日 (日)

弥一を塗ろう(其の参)

最後はフィギュアの命、眼描きです!

オノ・ナツメさんの描くキャラ独特のあの眼つき、
私なりに再現をがんばってみました。
色はアニメの設定に沿っています。

(クリックで拡大します↓)
Photo_4

普通のキャラと違って、虹彩に影や星を入れないのがポイントです。
いい感じに「死んだ眼」?になります。

最後に眉についても書きましたが、
キットに眉のモールドがなくてほんとにすみませんsweat01
オノ氏はあまりはっきり眉を描かないイメージなので
敢えて入れなかったんですが、ただの不親切になってしまいました…

そんな感じで「弥一を塗ろう」シリーズは終了です。
長々とお付き合いありがとうございましたm(_ _)m

ちなみに今回ワンフェスで展示した完成品の反省点は
もっと全体的に色を濃く、またベース色とシャドー色のコントラストを強くしてもよかったなぁということです。
なんか会場で撮影した画像を見ると特にそんな感じ。


最後に弥一さんにコメントいただいときましょう。

Cimg4022b

「じっくり塗ればいい。時間はあるさ。」

…その余裕なのでござる。

2012年2月19日 (日)

弥一を塗ろう(其の弐)

さて、塗装作業についてポイント解説です。

エアブラシで塗装することを前提に書きます。
また、ガレキ塗装の基本的な手順は割愛し、
このキットで特に注意すべき点だけ説明いたします。


着物の塗装に関する注意

paper首元の襦袢の襟は先に塗装しておきましょう!
(ピンク色の小袖を先に塗ってしまうとちょっと面倒です。)

ガーッとはみ出してもいいので、襦袢の色を首の内側まで吹き
完全に乾いたのを確認してからマスキングテープで丁寧にカバーします。
こんな感じ。

Cimg4004b_2

※ワンフェス用の完成品を作るときに撮る余裕がなかったので
 サンプルキットによる再現画像でお送りしております。


rockそして小袖を塗るときはパーツの境目(つまり縫い目)に注意です!

各パーツ(5つ)をそれぞれ大まかに塗装できたら
上半身と下半身を一旦仮組みしてしまいます。

Cimg4007

瞬着で点留めするか、両面テープを使うのが良いです。

下半身は、脚と帯のパーツも仮留めして裾の縫い目をきれいに合わせます。
(なので、肌色と帯色は着物より後に塗装しましょう。)

Cimg4003

※色付きじゃないとわかりにくいですね。すみませんm(_ _)m
着物はピンク色で塗られていると思ってください。


この状態で、パーツの境目を中心にもう一度色を吹き付け
ベース色とシャドー色が縫い目でちぐはぐにならないように仕上げます。
完成品だとこんな感じ。

Cimg4028


顔と髪の毛をきれいに仕上げるコツ

各パーツとも、まずシャドー色を大まかにだけどしっかりと吹き付けます。
そのあとベース色を、顔はおでこの斜め上方向から、

髪は頭頂部を中心に頭上方向から(髷パーツは後方から)
サーッと吹き付けるのが良いです。
吹き付けすぎは禁物です。
シャドー色がちゃんと残るように気を付けましょう。

Cimg4024b

うまくいくと?こんな感じ。
瞼、鼻の穴、唇、顎に自然な影が残ります。
髪の毛も頭頂部から毛先にかけて影とグラデーションができます。


草履の塗り方

藁っぽさ表現するために、いわゆるドライブラシ的なことをします。

まずシャドー色をパーツ全体にしっかり吹き付けます。
既に肌色で塗装した脚パーツの鼻緒部分も筆ではみ出さないように塗ります。

よく乾いたら、筆をベース色に浸して余分な塗料をぬぐい、
草履の表面をザッザッと塗っていきます。

Cimg4016b_2

うーむ、画像ではいまいち伝わりづらいですが
このようにモールドの溝にだけシャドー色が残ります。

逆の発想で、
ベース色を塗ったあとにエナメル塗料でシャドーを入れて
拭き取るのも良いかと思います。


以上、弥一キットを塗装するときの注意点でした。


ん?何かスルーした気がする。
そうだった。

キットを買ってくださった方はお気づきだと思いますが、
この弥一、着物の下にちゃんと褌を着けてます。
組んだら全く見えなくなってしまうんですが…

こちらはお好みの色で塗っていただければと思いますgoodshine
私は白が好きですけど、赤も漢らしくていいんじゃないでしょうか。


なにこの終わり方。


(其の参)は「眼描き」です!

2012年2月18日 (土)

弥一を塗ろう(其の壱)

というわけで、前記事の予告どおり
ちょいと弥一キットの塗り方について解説をば。

ただ、最初にお断りしておくと
自分は塗りに関してはほとんど素人です。
本で基礎を勉強して、あとはネット見たり自分で工夫したりだけなので…
ガレキをいっぱい作ってきた方には、かえって邪魔な情報になるかもです。汗


★調色について★
(クレオスのMr.COLOR使用)

「塗装部位」 ベース色 / シャドー色

「肌」 111キャラクターフレッシュ(1)+51肌色 / ベース色+29艦底色

「髪の毛」 69グランプリホワイト+13ニュートラルグレー 少々/ 69+13多め

「小袖」 1ホワイト+81あずき色+13ニュートラルグレー 少々/ ベース色の81と13を多めに

「内側の襟(襦袢)」 11ガルグレー / 11+13ニュートラルグレー

「帯」 70ダークグリーン+1ホワイト / ベース色+124暗緑色(三菱系)

「草履」 43ウッドブラウン+113RLM04イエロー+1ホワイト / 43+113

「キセル」 軸:43ウッドブラウン
       金属部:9ゴールド+Mr.メタルカラー213ステンレス

各色の分量比を数字で表せればいいのですが…
一応、分量の多い順に書きました。

また、これはたまたま仕事場に在庫のあった色で調色しているので
もちろん他の色で代用可能だと思います。
でも個人的にあずき色と艦底色はオススメです!

ともかく、アニメの設定画を見て調色するのが一番かと。
http://blog2.surpara.com/news/archive/2010/02/63870_2.html
キットに吹き付けた時の印象を考慮しつつ、いい塩梅で混ぜ混ぜします。

と、結構長くなりそうなので今日はここまでにしておきます。
実際に塗装する際の注意点や効率的な手順については明日(其の弐)で。

眼描きについては(其の参)で詳しく書きます。

«三度目の正直